近頃は夜の営みをする気が起きないのもあってゼロです。これは今に始まったことではなく前からと言えばそうです。主因としては仕事漬けであり外で飲向ことが増えているからですね。この頃は業務で飲向ことは増えていないですが仲間と会食することが多いですね。家に帰ればグッタリして風呂に入って寝るだけです。

今の私のたった一つの支えはおこちゃまがいることです。おこちゃまの成長が唯一の楽しみになっていて親心でしょうか。しかしおこちゃまは意に反して言うことを聞いてくれません。もしかしたら私はおこちゃまから捨てられるのかも知れませんね。最近は子離れできない親が多いとききますが自分もそうなのかも知れません。話の流れが別方向へ行きましたがこれは勃起不全の話でしたね。話は戻りますがこの前もデリヘリを呼んでEDを再確認して金だけ取られました。私としては恥ずかしいなと思っています。多分諦念できなくて崖っぷちで戦っているのでしょう。もう諦めれば良いだろうと言われますがいやいやまだまだと思っています。勃起しないことで死にたいなんて悩みすぎでしょうか?

それでも私には耐え難いストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)なのです。オトモダチは歳だからしょうがないと言いますが人生の岐路にあると思っています。勃起しないことで自分の役目が終わっ立と感じます。落ち込んでいるので田舎でひっそり暮らしたいです。セックスレスの夫婦がどんだけ存在しているのか検索してみました。そうすると年齢によってかなりちがうようです。それをうけての感想としては妥当ではないでしょうか。データによると何と全体の半分以上の夫婦はセックスがなくなっています。りゆうとしては男女供に性欲の落ち込みがあるようです。

奥さんが私に対して言うにはこのED野郎だそうです。とても残酷な話だと思われませんか…。私だって本当は夜頑張りたいのにため息しか出ません。しかし私と妻は歳が離れているのでそれも仕方ないかも知れません。結婚相手は同じ歳くらいの方が理想的だなと思うのは私だけでしょうか。朝にゲンキがないのでこれは無理だなとつくづく思います。勃たないので諦めることが多いです。ちょっと前までは不倫までして妻とは別に恋人もいました。以前は勃ちが良くあの頃が懐かしいです。現在では妻も抱けませんしどうして良いのか分かりません。私には根拠ない自信があってそれは必ず勃起するという思い込みにも似たものなのです。それは想起しているものですが脳のイメージでは勃っています。これはさながらイメージトレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)のようなものでしょう。またご飯に気をつけていてアスリート並です。ただしかし、そのような努力が報われたことは現世では一切ないのです。勃起するためにすっぽん料理をディーナーにしました。それを食べた効果ですが全く意味がなかったです。夜のゲンキが無い時には何とかが効果があるという話は信用できません。また妻が購入してきたドリンク剤を飲みました。だがこれでも一切効果はありませんでした。セックスをしなくなると夫婦間は冷える一方です。私としてもそうで隣の夫婦もそうなんだと思うのです。そうは言っても夫婦の間はセックスありきではないでしょう。その他にはペットや貯金のことなど問題はあると言えます。ですが基本的にセックスが無くなると夫と妻は恋人同士には決して戻れません。

強精剤の即効性はあるやなしや?


ニッポン人なのかニホンジンなのか分からん 生活習慣において目をいたわることが良い

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です